薄毛治療

加齢とともに気になってくる薄毛。薄毛は恥ずかしいものであるという考えから、薄毛の悩みを抱えていてもなかなか人や医師に相談できないという方もいます。

しかし薄毛は「AGA(男性型脱毛症)」という名称として治療対象の症状になっていますので、従来よりも医師への相談がしやすくなっています。

治療を受ければ薄毛の進行を遅らせるだけでなく、進行度が軽い時点で治療を始めることで元のフサフサの髪へと限りなく近づく事が出来ます。何よりもまずは、AGA治療をしているクリニックで相談する事が大切です。

それではクリニックで受けられるAGA治療にはどのような種類があるのでしょうか?

・AGA治療用内服薬

ひとつめは薄毛治療のための「プロペシア」という内服薬を飲んで治療する方法です。プロペシアは抜け毛抑制薬です。男性型脱毛症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制します。

DHTは脱毛シグナルを出す働きを持っているため、髪の毛が長く太く成長する前に抜け落ちてしまい結果として薄毛になってしまう原因を作ります。

DHTが多く産生される体質かどうかは遺伝子に大きく左右されるとされ自分の意思ではどうする事もできない場合がありますが、そういった遺伝子的なDHT産生にもプロペシアは効果的に作用し育毛の環境を整えます。

プロペシアは米国FDA認可を取得している薬で、日本では2005年に輸入承認を受けています。現在13,000施設を超える皮膚科・内科・形成外科などの医療機関で処方されていますが、基本的にAGA治療を行える病院でしか扱っていませんので事前の確認が必要です。

以前は民間の漢方薬などに頼るしかなかったため効果の信頼性が薄く費用の負担も大きくなりがちでしたが、医療機関でプロペシアの処方が受けられるようになった事で効果の信頼性が上がったのはもちろん費用面での負担も軽減されて、薄毛に悩む人たちがより利用しやすい環境になっています。

・AGA治療用外用薬

こちらは薄毛治療のための外用薬を塗布して治療する方法です。主に「フロジン」と、「ミノキシジル」という成分が配合された外用薬があります。

フロジンは脱毛症全般に処方される外用薬で薄毛治療の他にも円形脱毛症などに用いられます。主な成分は塩化カルプロニウムで、血行をよくする働きがあり髪に栄養が届きやすくなります。

ミノキシジルは薬の名称ではなく成分名です。市販薬として承認されていて大正製薬の「リアップ」という商品名で販売されたりなどしています。ミノキシジルはもともと血管を広げる薬として開発されているものでしたが、育毛にも効果があるとしてAGA治療に活用されるようになりました。

髪の毛の根本にある毛乳頭細胞や毛母細胞に作用して毛の成長を促す物質を出させる働きを持ちます。

フロジンとミノキシジルはそれぞれ身体に作用するメカニズムが違うので、一緒に使用する事が出来るのが魅力です。

・AGAメソセラピー

メソセラピーは、プロペシアやミノキシジルなどの成分を注射器などで頭皮に直接注入する方法です。

内服薬・外用薬との違いはやはり効果の即効性です。内服・外用どちらも直接毛根に働きかける薬剤の量は少なくなってしまいますが、メソセラピーでは直接頭皮に発毛成分を投与しますのでダイレクトに細胞に働きかけ、効果がすぐに得られるメリットがあります。

・HARG療法

HARG療法は、メソセラピーに似ていますが、薄毛部分にHARGカクテルを直接頭皮に注入する方法です。HARGカクテルは幹細胞から抽出した髪の成長因子とビタミン、アミノ酸の成分で作られています。

主に髪の毛の正常な成長を促すのが目的で、特に細くなり弱くなりがちな状態を改善します。

・自毛植毛

自毛植毛は、AGAでも軟毛化しない後頭部の毛包を薄毛部分に移植する方法でFUT法とFUE法の二つの施術方法があります。

FUT法は世界で最もメジャーな自毛植毛で、後頭部から長方形型に頭皮を斬り取り毛包ごとに株分けをして髪の毛を移植する方法です。FUE法は新しい自毛植毛で、後頭部から小さな点状で毛根を採取して薄毛部分に移植する方法です。

FUT法に比べて毛包を採取した時の傷痕が目立たないのが特徴です。

従来、薄毛治療というと頭に何かを塗布するというイメージがあったと思いますが、内側から効く内服薬と外側から働く外用薬を合わせて使うのが基本的な形になります。

即効性を求められる場合はメソセラピー、HARG療法など頭皮に直接注入する方法もあり、最終的に自毛植毛という方法を選ぶこともできます。

薄毛治療には状態に合わせて幅広い治療法が用意されていますので、最近薄くなってきたなと感じる方は是非早めにAGA治療を行っている病院へ相談に行かれる事をオススメします。